研究・開発

研究・開発

安全運転の科学的な追求、システム開発、そして教育の実践

教育を支えているのは、「R・D・P」という安全を創造するシステム。
RはResearch(調査・研究)、DはDevelopment(開発)、PはPractice(実践)を意味します。
(財)国際交通安全学会の交通専門家や識者が、科学的・理論的に交通安全を追求。
ホンダ安全普及本部では交通事故分析をもとに安全運転のソフトを開発。
レインボーモータースクールはそのソフトに基いた安全運転教育を実践しています。
さらにその実践から生まれたノウハウをフィードバックし、安全運転研修ソフトの開発に役立てています。

R・D・Pシステム

ページトップへ戻る