企業 安全運転研修

安全の喜びを共に
  • 参加体験型研修
  • 大切なのは、自分自身で自らの運転の問題発見をすること。そして、その発見した問題を解決するために自ら行動していただくことが何より重要です。
  • 対象別研修のご案内
  • 企業ドライバー研修、新入社員研修、事故再発防止研修など、対象者に合わせたカリキュラムをご提案いたします。

Hondaの交通教育センターでの取り組み

Hondaの交通教育センターでの取り組み

交通事故を減らすためには、生涯教育の観点から、子供から高齢者まで、一貫しての安全教育が求められています。
各地の交通教育センターは、これまで行ってきた二輪・四輪運転者への教育をさらに充実させるとともに、各世代に応じた交通安全教育を行う場として、また地域社会の交通安全の基地として、活動の範囲をいっそう広げています。

この活動は、ホンダ安全運転普及本部を設立した1970年から始まりました。Hondaは、車のメーカーとして、安全性能に優れた車の開発に力を注ぐとともに、二輪・四輪などを利用されるみなさまにむけての安全啓発・教育活動こそが安全運転の普及に重要であると考え、活動の輪を世界にまで広げ展開しています。

その活動の原点には、「人間尊重」という創業以来のHondaの企業理念があります。「すべての人の安全をめざして」という考えのもと、クルマやバイクに乗っている人だけでなく、モビリティ社会で暮らすすべての人に対して、「人から人への手渡しの安全」をモットーに、危険を安全に体験する「参加体験型の実践教育」を行っています。


ページトップへ戻る